1万円 カーリース、デメリットは?メリットは?カーリースと、ローン、どっちがお得?

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

最近、車検、税金、オイル交換などコミコミ1万円で新車に乗れる!というカーリースの広告を目にします。

 

こういったカーリースは、一括購入、ローンを組んで購入する場合に比べて、お得なのでしょうか?

 

今回は、カーリースのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

 

月々1万円のカーリース、本当はいくらかかるの?

社名を出すとアレなので、月々1万円で新車に乗れると謳っているカーリースのサイトを適当に検索して、トータルでいくらかかるのかを計算してみましょう。

 

スズキ、ハスラーの場合

出典suzuki-oe.jp

ハスラーG 2トーンカラーを5年リースした場合、月々10,800円、ボーナス月加算(年2回)67,392円で、車両代金、車検料金、税金、オイル交換、リサイクル料などコミコミで乗ることができます。

 

原則として、5年後に車両を返却することになりますが、5年後にさらにリース期間を延長したり、車を買い取ったりすることもできるようです。

 

5年間の支払い総額は、10,800×60+67,392×10=1,321,920円です。

 

一括購入とカーリースを比べると、どっちがお得?

さて、ハスラーG 2トーンからーを、新車で一括購入すると、5年間で維持費を含めていくらかかるのでしょうか。

 

出典suzuki-oe.jp

車両本体価格1,316,520円+諸費用97,370円+車検整備料金30,000円+重量税5,400円+自動車税54,000円+自賠責保険26,370円+オイル・エレメント交換40,000円=1,569,660円

5年だとちょうど2回目の車検にあたりますが、上記のリースプランでは車検は1回のみで返却することになっているようなので、こちらでもその辺の条件を合わせて計算してあります。

 

そして、リースと条件を合わせるため、5年後に車を売却するとします。

もちろん、いくらで売れるかはその車の条件によりますが、残価設定型ローンを組んだ場合のハスラーの5年後の残価設定は30%のようなので、ここでは車両本体価格の30%(1,316,520×0.3=394,956円)とします。

 

売却金額を引くと、1,569,660-394,956円=1,174,704円が実質的な負担額ということになります。

 

カーリスの総支払金額と比べると、一括購入の方が147,216円安く済むということが分かりました。

まあ、一括購入なら、そっちの方が安く済む。というのは想定内ですね。

ローン購入とカーリースを比べると、どっちがお得?

さて、一番悩んでいる方が多いのは、ローンで購入するか、リースで購入するか。というところではないでしょうか。

今度は、ローンで購入する場合だと総支払額がいくらになるのかを計算してみましょう。

 

まずは、スズキの一般的なディーラーローンである、スズキファイナンスで車両本体価格と諸費用分、1,370,590円全額を、頭金0円で、5年ローンを組んだ場合の総支払額を計算してみます。金利は、一般的な3.9%で計算してみます。

車両本体価格1,273,320円+諸費用97,270円+車検整備料金30,000円+重量税5,400円+自動車税54,000円+自賠責保険26,370円+オイル・エレメント交換40,000円+金利144,640円=1,714,300円

 

5年後に売却するとして、売却額は先ほどと同じく394,956円とすると、実質負担額は、

1,714,300-394,956=1,319,344円

 

今回のシミュレーションでは、ローンを組んだ場合は、カーリースと総支払金額はほとんど変わらない。という結果になりました。

 

もちろん、売却時の車の状態などによって多少金額は変わってくるので、なんとも言えませんが、何年か前にこういったカーリースが広まり始めた頃に私が計算した時よりは、かなり価格差が小さくなっている印象です。

カーリースもそこそこ普及して、価格競争がはじまっているということでしょう。

 

銀行などでマイカーローンを組めるなら、ディーラーのローンよりも金利が低いので、カーリースよりも少し総額は安くなるのかな。といったところです。

 

メリット、デメリット

さて、カーリースを利用するメリット、デメリットをまとめて紹介します。

メリット

・まとまったお金が必要ない
新車を一括購入する場合は、当然ながらまとまったお金が必要になります。
また、頭金0円でローンを組んだ場合も、車検や税金は決められた時期にまとまった金額で支払う必要があります。

マイカーリースなら、これらの金額をすべてならして、月々1万円~支払っていけば良いので、家計を安定させることができます。(ローン時の加算がないプランもあります。)

 

 

・審査が緩い
マイカーリースにも審査はあるのですが、頭金0円でローンを組む場合よりも審査が緩い傾向にあります。

ローンの審査に通らなかった方も、マイカーリースならチャンスはあると思います。

 

 

・負債にカウントされない
住宅ローンを組んだりする場合、マイカーローンが残っていると、ローンの審査に影響する場合があります。

その点、マイカーリースはローンではないので、住宅ローンの審査に影響しないようです。

近々住宅ローンを組む予定のある方は、ローンよりもマイカーリースが良いかもしれません。

 

 

デメリット

・途中解約時は違約金に注意
マイカーリースは、決められた期間リースをするという契約になります。

途中で解約する場合、違約金がかかるところがほとんどです。違約金は、会社によって異なるので、契約時にしっかりと確認しておきましょう。

 

・自由にカスタムできない
マイカーリースは、あくまでも車を借りているわけなので、自分の好きなように車をカスタムすることができません。(厳密には、返却するときに戻せば良いですけれど。)

ここでいうカスタムとは、自分で好きなように後からパーツをつけたりする、カスタムのことです。新車購入時につけることができるオプションは、カーリースでもつけることはできます。

 

カーリースには、メリット、デメリット両方あります。

自分はリースが良いのか、ローンが良いのか、しっかりと考えた上で決めたいですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: 最新自動車情報マガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です