視線は大忙し、陸海空を集めたドイツの発動機イベント「モーターワールド・クラシックス・ボーデンゼー2018」

ドイツ、スイス、オーストリアの3カ国が国境を接する、ボーデン湖(ドイツ語読みはボーデンゼー)湖畔のドイツの街フリードリヒスハーフェンで、今年もモーターワールド・クラシックス・ボーデンゼーが開催された。

モーターワールドは、ドイツ国内で自動車趣味の複合施設「モーターワールド(Motorworld)」を経営している会社である。大規模な建屋の中に、クラシックカー&スポーツカー販売店、ガラス張りの保管ガレージ、修理工場やレストアショップ、アパレルショップなどが入った施設で、同じような事業を手がける「クラシックレミーズ(Classic Remise)」という別の会社とともにドイツ国内では大成功を収めている。今月には、ケルンにあった飛行船の空港「Butzweilerhof」跡地に、Motorworld Köln – Rheinlandがオープン予定だ。

モーターワールド・クラシックス・ボーデンゼー2018

今回の会場となったのは、「Messe Friedrichshafen」という展示会場である。フリードリヒスハーフェンという街は一般的な観光地ではないが、有名なツェッペリン飛行船の本拠地だった場所で、飛行船の歯車メーカーとして創業した自動車部品のメガサプライヤー・ZFフリードリヒスハーフェンが現在も本社を置く場所である。

イベント当日は、遊覧の軟式飛行船が何度も離着陸を繰り返していた。

▲会場上空を飛ぶ軟式飛行船

モーターワールド・クラシックス・ボーデンゼーの特徴

モーターワールド・クラシックス・ボーデンゼーの特徴は、「陸」「海」「空」の乗り物が一堂に会するところである。正直なところ、展示会場はボーデン湖から少し離れており、展示されている海の乗り物は少ないが、隣接する飛行場を生かした飛行機のディスプレイと、頭上でのデモ飛行は圧巻である。また、敷地内には仮設サーキットも作られており、戦前のグランプリカーから比較的新しいレーシングカーまで、観客の前で全力疾走できる場所もある。今年は見かけなかったが、会場入り口にある池で水陸両用車(アンフィカー)を走らせることもあった。

▲「陸」会場と空港の間に仮設されたサーキット

▲「海」会場内に並ぶRivaヨット

Source: CL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です