EU、新車に事故自動通報システムの搭載義務化、新規則が施行

欧州連合(EU)域内で販売される新車(乗用車と軽商用車)を対象に、自動車事故の自動緊急通報システム「eコール」の搭載を義務付ける新規則が3月31日に施行された。EUでは年間2万5,000人以上が交通事故で死亡しているが、eコールの搭載義務化で事故発生時の救急対応の時間が大幅に短縮され、死亡事故が減少すると期待されている。

新車に事故自動通報システムの搭載義務化、新規則が施行

Source: CL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です