ドイツでは国家戦略。電気自動車(EV)は日本で広がるのか

日本でもEVは少しずつ広がってきましたね。町でもみますし、高速道路なんか時々充電スポット順番待ちしていたり。インフラの整備などまだまだ課題はあるでしょうが、いろいろなクルマがあることはいいこと。みんながもっと自分のライフスタイルにあったクルマ選びができるようになるとよいなと思っております。そんな電気自動車のレポートがドイツから届きましたよ。

ドイツの電気自動車

2020年には100万台?ドイツの電気自動車(EV)

ドイツ鉄道(Deutsche bahn ドイチェバーン 通称DB デーベー)で使用されている電気自動車です。たしかに電気自動車は今までの常識で分類すれば電車に近いかもしれません。もちろん時代の要請という面はあるでしょうが、鉄道会社のプロモーションもかねているのかもしれませんね。車種はシトロエンC-ZEROというクルマです。

2020年には100万台?ドイツの電気自動車(EV)

2020年には100万台?ドイツの電気自動車(EV)

2020年には100万台?ドイツの電気自動車(EV)

こちらもドイツ鉄道で使用されているオペルアンペラ。オペルはもともとはシボレーボルトとして誕生したクルマのオペル版で、例に寄ってイギリスではボクスホールアンペラとして販売されているそうです。5ドアのハッチバック型のレンジエクステンダー式電気自動車、いわゆるプラグインハイブリッドカーですね。新しいカテゴリーのクルマであるばかりではなくデザイン的に低重心でマッシヴ、なかなかかっこいいですね。

実は日本のOEM車?

2020年には100万台?ドイツの電気自動車(EV)

Source: CL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です