なぜ軽自動車に乗っていてもバカにされなくなったのか?

時代とともに軽自動車に対する考え方、捉えられ方が変わってきたように思う。

なぜ軽自動車に乗っていてもバカにされなくなったのか?

一昔前までは、軽自動車というと「(シャレではなく)軽く見られた」ものだ。
クルマを愛する者としてこういった表現は本意ではないが、「軽自動車に乗っているとバカにされた」こともあったものだ。
事実、何台か軽自動車を乗り継いだボクが言うのだから、あながち外れているとは言えない。

反面、現代においては軽自動車に乗っているからといって「低く見られる」ことはなくなった。
この理由として、世間一般に語られるものとしては、「もはや自動車はステータスシンボルとしての地位を失っており、クルマのサイズや金額の高低でヒエラルキーの判断を行うのはナンセンス」というものだ。

軽自動車の地位向上は他にも理由がある

たしかにこれには一理ある。
だが、ボクは声を大にして言いたい。
軽自動車がバカにされなくなった理由はもっとほかにあるのだ、と。

その理由はこうだ。

「昔の軽自動車は、メーカーそのものが軽自動車は安物だと捉えていたから」。

昔の軽自動車は確かに安物だった。
軽自動車の用途としては営業車が圧倒的だったと思うが、そうなると営業車を導入する企業も経費を抑えたい。
だから自動車メーカーもコストを抑えて軽自動車を作った。
他にも個人としての軽自動車需要はもちろんあったが、そのほとんどは「車が必要だが、できるだけ安いものでいい」というところに集約されていたように思う。

つまり昔の軽自動車は「できるだけクルマにお金をかけてくない」人が選ぶ、「消極的選択肢」だったのだ。
よってボディカラーも「白(格好良く”ホワイト”とカタカナで呼ぶことすらためらわれるほど)」ばかりである。

こういった状況では、自動車メーカーは当然ながらコストをかけた軽自動車を作らない。
コストをかけてデザイン性の高い軽自動車を作ることなど、当時は夢にも思わなかったのだろう。

だが、そこから時代は変わった。
セダンやスペシャリティカー(懐かしい響きだ)がもてはやされる時代を通過し、ホンダ・オデッセイ(1994)に代表されるミニバンブーム、ホンダ・フィット(2001)が牽引したコンパクトカーブームが到来する。

そしてブームになると各車がこぞってそのカテゴリへと参入することになる。
トヨタ・ヴィッツやマツダ・デミオが好例だ。
そうやってその市場がレッドオーシャン化すると、各メーカーとも販売台数を稼ぐために利益を削ってまでも他社よりも優れた機能やデザイン、快適性を自社のクルマに持たせようとする。

Source: CL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です