なぜボクは試乗を行うのか?その2つの理由を考えてみた

ボクは試乗が大好きだ。

ボクが試乗を行う理由は2つある。

1.単に購入の候補としてそのクルマに乗ってみる(乗ってみたい)場合
2.具体的に購入を考えていないとしても、そのクルマに採用されている技術に興味を持っている場合

である。

試乗 ディーラー テストドライブ

自分で運転してはじめて理解できることがある

1つ目の理由「購入の判断」について、目的はいたって簡単だ。
そのクルマを買っても問題がないかどうかを判断するために乗る。それだけだ。

ただし、これはかなり重要な行為であり、クルマには「乗ってみないとわからない」ことがたくさんある。
つまり「数字や見かけだけでクルマは判断できない」ということだ。

たとえば「人」も同じだと思う。
人は数字だけで判断できず、たとえば「身長190センチで、体重85キロの男性」というスペックだけを見て、バスケットボールを得意だと判断するのは早計だ。
同様に、「190センチで体重150キロ」だからといって相撲が強いとは限らない。

「数学のテストで100点」を取る人が「勉強ができる」「数学が得意」と断じることもできない。
もしかするとほかの教科は弱いかもしれないし、数学が苦手なのを克服しようと努力した結果の100点かもしれないからだ。

同様にクルマだって、「0-100km/h加速」が3.5秒だからといって「速いクルマ」だと言い切ることは出来ない。
たしかに3.5秒は速い。相当に速い。
だが、それはマニュアル・トランスミッションで達成される3.5秒なのか、ATで「アクセルを踏むだけ」で達成される3.5秒なのかによっても意味は異なる。

たとえば、メルセデスAMG最上位サルーンであるS63 4MATIC  Longの0-100km/h加速は3.5秒だ。
対してメルセデスAMG渾身のピュアスポーツカー「GT」シリーズのトップレンジ、AMG GT Rの0-100km/h加速は3.6秒である。
しかし、AMG S63 4MATIC  LongのほうがAMG GT Rよりも速いとは言い切れないのだ。

試乗 ディーラー テストドライブ

速さとは単に加速のみで語られるものではないし、「0-100km/h」に至るまでの過程、つまり「加速前半や出だしが速いのか」または「後半の伸びがスゴいのか」によっても速さの質は全く異なる。
さらに「サーキットでの”速さ”」という観点だと、また違った見方もできるはずだ。

そして、こういったことは「乗ってみないと」わからない。
同じような加速タイムでも、音もなくショックもなく加速してゆくクルマもある。
そして、ライオンのような咆哮とともに、ガッツンガッツンとシフトチェンジのショックを感じさせながら前へ前へと進むクルマもある。

そして、どちらが好みに合っているかはそのクルマに乗ってみて、自分自身でアクセルを踏み、ステアリングホイールを操作してみるまではわからない。
たとえばお見合いにおいて(その経験はないが)、釣り書が自分の好みにマッチしていても実際の人物がそうでない場合もあるだろうし、その逆もあるということだ。

クルマに採用される機能やデザインには理由がある

試乗をする二つ目の理由、「その技術に触れてみたいから」ということを考えてみよう。

自動車の歴史において、いくつかエポックメイキングな技術がある。
ターボやスーパーチャージャー、4WDといったものから、デュアルクラッチやドライブモードといった技術、そして少し先になると「ドアミラーの代わりに後方確認用のカメラ」も後に語り継がれることになるだろう。

例を上げてゆくとキリがないが、ここでは「ドライブモード」について触れてみたいと思う。

Source: CL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です