なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った。

「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。
ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jというコードネームだ)を所有していたことがあるので、マイカーとしてはTTをこれまでに二台購入したことになる。

なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

▲これが今回購入したボクのTTだ。納車と同時にカスタムしてある

その1:TTはアウディの異端児だ

アウディTTは、アウディにおける異端児である。
そもそも、TTはアウディのラインナップにおける命名規則から外れている。A1、A3、A4、そしてQ3やQ5といったアレだ。
この中では、Tというアルファベットがつくモデルはこの「TT」しかない。

現在、アウディには(アウディのサイトによると)6つのモデル名がある。
「A」「S」「RS」「Q」「TT」「R8」だ。
そして同時に、「TT」と「R8」のみが独立したモデルとして存在することもわかる。

TTの名称はイギリスにある小島で開催されるレース、「Tourist Trophy Race」にちなんでいる。この「ツーリスト トロフィー」を略したものが「TT」というわけだ。

なお、「A」は「Audi」の頭文字であり、「ものごとのはじまり」を表すそうだ。
「S」はもちろんスポーツ、そして「RS」はレーシングスポーツ。
「Q」はアウディの誇る4WDシステム「quattro」から、「R8」はルマン24時間レースにて輝かしい成績を残したレーシングカーに由来する。

これを見ても「TT」が他のアウディとは「ちょっと違う」ことがわかると思うが、TTの特殊性はそのネーミングだけにとどまらない。
そう、TT最大の特徴とも言える「デザイン」について触れておく必要がある。

なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

▲TTはほかのアウディ車とは異なるデザインやパーツも多い

TTのデザインとしてのルーツは1995年に発表された「TTデザイン・スタディ・モデル」にまでさかのぼることができる。
これを市販モデルとして発売したものが「初代TT」だ。
このクルマはなんというか、とにかく特殊な車だった。
未来っぽいような、レトロなような、クルマであってクルマでないような雰囲気があったのだ。
もちろん、どのアウディにも似ていない。

そして、ボクはこういった「異端」が大好きだ。

その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった

TTの生い立ちについて、もう少し触れておこう。
TTは「もしかすると」次世代ポルシェとして発売される可能性もあった、ということをここで述べておきたい。

なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

▲デジタル式「バーチャルコクピット」が装備される

初代TTのデザインは、フリーマン・トーマス氏によるものだとされている。
このフリーマン・トーマス氏はアウディに移る前、ポルシェに在籍していた。
そして、ポルシェ時代の同僚がかの(エンツォ・フェラーリのデザインで知られる)ケン・オクヤマ氏であった。

ケン・オクヤマ氏の著書「ムーンショット デザイン幸福論」では、知られざるアウディTT誕生の瞬間について語られている。
それによるとこうだ。

その頃(文中に記載はないが、逆算すると1980年代前半だと思われる)、ポルシェは「新しいクルマ」を考えていた。
そこで、くだんのフリーマン・トーマス氏は自分の考えた理想のクルマを「新しいポルシェ」のデザインとして提案するが、あえなく却下されてしまう。
しかし彼はその「理想のクルマ」の実現をあきらめることができず、自宅でクレイモデルを作り続けた。

なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

▲TTは彫刻的な美しさがある、とボクは思う

自宅キッチンのオーブンを使用しながらクレイモデルを作ったため、デザイナー仲間からそれは「キッチンカー」と呼ばれたそうだ。
彼はその後、アウディに移籍するが、そこで同社のピエヒ会長(当時)主導による、新しいデザインをもつ新型車開発のための緊急プロジェクトに招集されることになった。
そこでフリーマン・トーマス氏がピエヒ会長に提案し、一発で採用となったのが「TT」の原型、つまりキッチンカーだったという。

ポルシェではついに陽の目を見ることはなかったが、アウディTTとは、ずっと夢を追い求め、15年がかりでそれを「形」にしたひとりの男の物語でもある。

現在ポルシェはアウディ傘下となったが、これについても因縁のようなものが感じられ、そのためボクはTTとポルシェとを切り離して考えることができない。

「もしかすると」ポルシェから発売されていたかもしれないクルマ、それがアウディTTだ。

その3:TTの維持費は比較的安価だ

ボクがTTに感じる魅力は、単にドラマやデザインだけにとどまらない。
現実的な「維持費の安さ」、正確に言うなれば、「スポーツカーらしいルックスと性能に“比較した”維持費の安さ」だ。

なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

▲キーはアウディの中では最新式となる

TTより高い性能を誇るスポーツカーはたくさんある。
だが、TTより維持費の安いスポーツカーは滅多にない。

Source: CL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です